FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

サンウルブズ、初勝利! 

誰もが、皆が、そして何よりも選手たち自身が待ちに待っていた勝利。
この1勝がもたらす効果は大きい。

もしかすると折れ掛かっていた選手たちの心と気持ちを立て直した勝利ではないだろうか。
堀江の涙がそれを如実に表していた。

それにしても攻守に渡る立川の活躍は素晴らしかった。
ダメ押しのトライを挙げた立川の、あれほどはじける様子も見たことがない。

そして全選手の喜びの笑顔がとても良かった。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

~The REAL~ エディー・ジョーンズの提言 

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツは、
「ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会」で日本代表ヘッドコーチとして3勝1敗という結果を残し、
また現在はラグビーの母国・イングランドにて、
史上初の外国人指揮官としてイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ氏の独占インタビューを収録した番組を、
4月22日より放送を開始いたします。
そのエディー・ジョーンズ氏が来日した際に、J SPORTSへの番組出演を 快諾いただき、
日本ラグビーやラグビー界全体の現状や未来を語り、
その内容を1時間にまとめたドキュメンタリー番組を制作いたしました。
エディー・ジョーンズ氏の愛にあふれ重みのある言葉の数々を、是非この番組でご覧ください!

(以上J SPORTS WEBサイトより)

「エディー・ウォーズ」を読んだ後だったので
見どころのあるインタビューであった。
鋭く明確に語るエディー。
もっともと思える内容もあれば、
ジャパンを去っていったエディーからそんなこと言われたくないと感じる部分も。

「シックスネーションズ」では、イングランドを全勝優勝に導き
早くも結果を出した完璧主義のエディーも、
朝から走らされることに不満をあらわにしたイングランドの選手たちには屈服したらしい(笑)

RWC2019大会でジャパンを倒すことを楽しみにしているらしい。
そして、大会終了後は明治のコーチをしたいと。
イングランドに行く前に八幡山へ来て欲しかった気もする。

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

エディー・ウォーズ 

エディー・ウォーズ

先日書店で偶然見つけた一冊。
エディージャパンの中で何が、そしてどんなことが起こっていたのか・・・
そんな内幕を描いたドキュメンタリー。
あまりの面白さに一気に読んでしまった。

頭脳明晰な知将エディー・ジョーンズ。
私が想像していたイメージ像は
内に秘めたる闘志はもの凄いが、いつもにこやかで柔和な人物。

しかしそうではなかった。
完璧主義者のイメージはそのままであったが
その反面すべてが完璧に自分の思い通りにいかないと気が済まないタイプ。
その時は激しく怒りを表に出す激情家。
時には狡猾な一面も。

そんなエディーに振り回される選手たちもいれば
それを乗り越え逞しく成長した選手たちもいた。
それがワールドカップ南ア戦でPG狙いではなくスクラムを選択し、
歴史を作った瞬間へと結実する。

ぜひ一読を。

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード