FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

嗚呼、ラグビーよ ② 

さて、引き続き思いつくままに書いてみます。
一番肝心の入場者数を増やすための方法ですが、どうしたら良いのか考えてみたいと思います。

まずは何と言ってもラグビーというスポーツに興味を持ってもらわなければどうしようもありません。
興味を持ってもらうためには知ってもらうこと(認知・理解)が必要ですが、
さすがにラグビーという名前自体を知らない人=ラグビーというスポーツの存在自体を知らない人は、
中学生以上であればまずいないと言ってよいでしょう。
ただ、どんなスポーツなのかとか、何人でやるのか、どうしたら得点になるのか、
などを知らない人はかなり多く存在するはずで、
こういう人たちに対してどうやって認知してもらい興味を抱かせるかが、最初のポイントだと思います。

ここで大きな力を発揮するのがマスコミの力です。
いかに多くのマスメディアにたくさん取り上げてもらえるか、これはかなり重要です。
昨年7月東京でおこなわれたラグビーワールドカップ2019 ワークショップにおいても
多くの方から同じ意見が出ていましたね。
メディアの中でもテレビ放送の影響が一番大きいと思うのですが、現在では地上波での放映は少なく、
ほとんどがBSデジタルのJSPORTSでのオンエアです。
それでもCSからBSにチャンネルが移行して一般の方々にも多少は見やすくなった感はありますが、
JSPORTSは有料チャンネルですから、毎月お金を払ってまでラグビーを観ようと思う人が
果たしてどれだけいるのか?
既にラグビーが好きな人にとっては魅力的なチャンネルではあっても、
まだラグビーに興味が無い人たちにとってはその視聴料は大きな足かせでしかありません。

かつて高校ラグビー全国大会(花園)はTBSで放映していたと記憶していますが、
今では深夜のハイライトと準決勝、決勝の生中継だけでしたっけ?
いずれにしても春・夏の甲子園や全国高校サッカーほど充実した放送内容ではないはずです。
テレビ局側も視聴率が取れなければ、放送枠を減らしたり無くしたりせざるを得ない訳ですから、
ラグビーがますますマスコミで取り上げられなくなり、認知度が更に下がるという悪循環に陥っていくだけです。

あの「スクール・ウォーズ」のようなドラマがまた生まれるとラグビー人気に火がつく可能性もありますが、
そんなドラマが放映される兆しはまったくありません。
「スクール・ウォーズ」が放映されていた当時あのドラマの影響はもの凄かったようで、
ラグビーを始める中・高校生がかなり増えたと聞いています。
元日本代表でRWC2019アンバサダーのひとり松田努さんもあのドラマの影響を受けたと本人から聞きました。
今年5月に大阪へ仕事で行った際、東大阪市のラグビーワールドカップ招致室をアポなしで訪ねてきましたが、
その時お会いした室次長のHさんも「スクール・ウォーズ」に影響を受けてラグビーを始め、
同世代では同じような人が沢山いたと仰っていました。
私もあのドラマには大変感動しましたが、ラグビーを始めるには既に年をとり過ぎていました。
あの時10~15歳若ければラグビーを始めていたかもしれませんし、今頃は元日本代表だと威張っていたかも?
いや、ありえません(笑)

今開催中のサッカーワールドカップは、NHKが全試合放映しているようですね。
試合の中継以外にも、ハイライト(民法も含めて)も放送しています。
果たして来年のラグビーワールドカップで、地上波がこれだけ取り上げてくれるでしょうか。
残念ながらあり得ないでしょうね(悲)。
日本代表の試合だけは地上波でも放送するでしょうが、
深夜枠(もともと時差の関係で必然的にそうかもしれませんが)での放送のみということになりそうです。
となるとなかなか多くの人の目には触れにくいですから、結局認知のチャンスも減ってしまうということになります。

そういえば、BS朝日「ラグビーウィークリー」の番組内で
ラグビーを題材とした『ALL OUT!!』という漫画が紹介されていましたが、まだ連載されているのでしょうか? 
私は読んだことがありませんが、面白くて人気はあるのでしょうか? 
あまりその漫画の話題を目にすることがありませんから、それほどブームになっている様子ではないようです。
また現代においては昔ほど漫画雑誌というメディアが大きな影響力を持っていないことも
人気が出にくい一因かもしれません。

やはり映像表現を主体としたテレビで取り上げてくれるのが、
ラグビーをアピールし、興味を引きつけるのに一番効果が高いと思いますが、
例えばスポーツニュースやドキュメンタリー、ドラマ、バラエティなど、
どのような切り口でどう表現するか(見せるか)が重要なポイントになります。

1972年ミュンヘンオリンピックに臨む日本男子バレーボールチームを題材にしたアニメ(一部実写も含む)
『ミュンヘンへの道』という作品がありましたが、私も夢中で観ていましたし、結構人気があったと記憶しています。
見事に金メダルを獲得したこともありますが、かなり男子バレーボールの人気に貢献したはずです。

ただいずれにしても、まずは番組企画あり。
そしてその企画で視聴率が取れる内容かという問題をクリアできないと
スポンサーは付かないし番組として局の編成部からOKがでないでしょう。

続く

category: 思うこと・感じること

TB: 0    CM: 0   

嗚呼、ラグビーよ ① 

「ラグビー集客 嘆き節」
6月24日付の読売新聞朝刊に、こんな見出しの記事が掲載されていました。
さらには「頼りの収入源 協会赤字続き」、「W杯に影響懸念」の文字までも。

6月13日から始まったサッカーワールドカップで世界中が賑わっていますが、
日本国内でも同様であり特に日本戦が行われた前後の数日間は、テレビを中心とする
各メディアはサッカー一色と言っても過言ではないほどの大騒ぎが繰り広げられています。
結果は皆さんご存知の通りグループリーグ敗退となりましたけど。

ラグビーファンとしては、正直連日「サッカー、サッカー」とウルサイなという気持ちと同時に、
相変わらずラグビーとは大きく差がある人気ぶりに悔しくもあり嫉妬を感じています(笑) 
ですから私は今回のW杯に限らずサッカー日本代表の試合は基本的に観ません。
W杯での3試合ももちろん見ませんでした。
なんてひねくれた奴だと思われるでしょうが、こればっかりは仕方ありません。
でもさすがにスポーツニュースやハイライトでは観ていますよ(笑)

それにしても今回のW杯におけるマスコミを始めとする日本国中の狂乱ぶりは、
今までにないほどの盛り上がりではないでしょうか? 
ここまでやるか?という気がしなくもありません。

この様子を観ていて、正直日本で開催される2019年のラグビーワールドカップでは、
こんなに盛り上がるのだろうかと心配になったり、なぜサッカーの方がこんなにも人気があるのかを
改めて自分なりに考えてみて、このブログで書いてみようと思っていた矢先、
冒頭の読売新聞の記事を目にしたわけです。
他にも読んだ人は大勢いるのではないでしょうか。
そこで、まずは読売の記事を読んだ感想から、思うままに綴ってみます。

ラグビー協会の昨年度の決算が赤字だそうです。しかも3年連続とのこと。
それでも会長の森喜朗さんが政治家時代のコネクションを生かして企業から寄付を集めて、
赤字額が減ったという話しを耳にしたことがあります。
ホントの話だとしても、それでもまだ赤字なんですね。
紙面ではその原因が収入の柱である観客動員数が増えていない、
それどころか一向に改善の兆しが見られないと書いています。

私が知りたかった入場者数のデータが記載されています。
2015年のW杯出場を決めた5月25日の香港戦(国立)が1万6371人、
6月21日のイタリア戦(秩父宮)が1万3816人で、どちらの試合も2万人を切っていました。
確かにこの人数はちょっと寂しさを感じてしまいます。
収容人員に占める入場者数の割合では、香港戦が約30パーセント、イタリア戦が約55パーセント、
仮に香港戦を秩父宮でやっていたとしても約65パーセントで、70パーセントにも及ばないことが分かります。
確かに多いとは言えません。
香港戦の場合、勝てば(勝つことは分かっていましたが)来年のワールドカップ出場が決定する試合で、
しかも国立競技場でおこなわれるスポーツの最後の公式戦という位置づけであったにもかかわらず、
入場者数は2万人を切ってしまったわけです。

反対にどんな大会の試合かというよりも、戦う相手がどこのチーム(国)かによって
入場者数が増えることを証明したのが昨年のオールブラックス戦で、
チケットは早々と完売し秩父宮のスタンドが満杯になりました。
もしあの試合を国立でやっていたならば、
満員は無理としても3万~4万人(どんなに多くても5万人?)くらいは入ったかと思うのですが、どうでしょうか。
しかし、5月27日におこなわれたサッカー日本代表の親善試合の観衆は5万8000人だったそうで、
オールブラックスをもってしても(想定ですが)勝てない入場者数には唖然とするしかありません。

それにしても読売新聞さん、香港戦で空席の目立つスタンドの写真を掲載していますが
メインやバックの中央エリアあたりだったらもっと密集していたはずですよ。
記事の内容を強調するために、わざわざあの写真を掲載したのであれば、
キャプションを「スタンド中央部以外では空席の目立つラグビーの日本代表戦」として欲しかったですね。

記事中には田中史朗のコメントも掲載されています。
「僕らも日本代表なのに、サッカーばかり注目されている。悔しい」と。

そう、悔しいんですよ!
だから日本男子サッカーをあえて無視したくなってしまうのです(幼稚な精神ですなあ)
ひとつ断っておきますが、サッカーという競技自体は決して嫌いではありませんよ。

ところでラグビー協会の収入ですが、収入源は入場料の他に、
日本スポーツ振興センターの助成金やスポンサーの協賛金が主な収入のようですが、
それに加えてラグビー協会がJRFU基金という名称で寄付金を募っています。
私自身が寄付をしていませんので偉そうなことは言えませんが、果たしてどの程度集まるのでしょうか?

以前協会のある理事の方とお話しした時、私が言ったことがあります。
「もし私がお金持ちでしたら、私がラグビーミュージアムを作ってもよいのですが、とても無理です(笑) 
協会さん自身で器(建物)を作っていただき、内部の展示の企画・製作を
仕事として協力させていただきたいのです」

そうなんです、私にアラビアの油田王みたいな本当にあり余るほどお金があるのなら
ミュージアムどころかいろいろな活動資金を寄付してあげるのですが、
残念なことにそれは夢のまた夢の話ですから(笑)

続く

category: 思うこと・感じること

TB: 0    CM: 0   

リポビタンDチャレンジカップ2014 日本代表 vs イタリア代表 

選手入場のシーンでイタリア選手の体格を見て、
これはコンタクト面でかなり厳しい戦いになるかなと予想しましたが
まったくそんな事にはなりませんでした。
それどころかスクラムに関しては日本の完勝でした。
日本代表のスクラムの強さの進歩には目を見張るものがあります。
畠山選手なんか余裕の笑みを浮かべていましたもの(笑)

それと以前に比べて安心して観ていられるようになりましたね。
以前だったら後半20分過ぎ以降は、リードしていてもいつ逆転されるのではないかと、
ハラハラしながら観ていましたが、結構落ち着いて観ていられましたし
イタリア選手の方があきらかにバテていました。
ハードな練習のお蔭でフィットネスも上がってきた証拠でしょう。

試合終了後のエディー・ジョーンズHCの記者会見レポートを見て
印象的だった箇所を抜粋してみました。

>勝因は?
「スクラムです。そこを上手く生かしていました。そこ以外は勝てる要因は正直に言ってなかったと思います」

>この試合結果で、現時点でランキング世界トップ10に入ったのでは?
「ワールドカップには関係ない。私の仕事はワールドカップで勝つことです。
今日は約13000人の前で試合できましたが、日本のラグビーの発展のためにはワールドカップで勝って、
会場を満員にすることです。昨日のサッカーの試合のように、前評判だけ高くても仕方がないのです。
勝つことがすべてです」

さすが、シビアなエディーさんらしいコメントです。
だから日本代表は強くなるんですね。

日本代表 26-23 イタリア代表

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

PNC2014 カナダ戦、アメリカ戦 

日本代表は6月7日カナダ戦、6月14日アメリカ戦と2週続けてアウェイでのゲームでした。
カナダ戦は前半が9-25と大量リードされ、後半は日本が立て直して25-0と完封し
トータル34-25で勝利しましたが、こういう展開だったせいか大味なゲームのような
感じであまり面白みを感じませんでした。

来年のワールドカップで同じプールに入るアメリカとの戦いは、
部分部分は安心して観ていられるのですが
ちょっと緊迫した部分もあって、なかなか面白く観ることができました。
外国のチームはちょっとしたスキを見逃さず一気に攻め込んでくる怖さがあります。
もちろんパワーとスピードも兼ね備えているので油断はできません。
これはカナダにもあてはまります。
結局は37-29で日本が勝利しましたが、セーフティリードでの勝利とは言えません。
本番では何が起こるかわかりません。
アメリカ、侮るべからず。

1984年のロサンゼルスオリンピックで男子バレーボールのアメリカチームが金メダルを獲りました。
それまでバレーボールという競技には縁の薄かったアメリカでしたが、
地元開催ということで力が入ったのでしょうか、
それ以前のオリンピックではバレーボールには出場さえしていなかったにもかかわらず、
一気に金メダルを獲得してしまいました。
確か体操競技でも同じようなことが起こったはずです。

「彼らが本気を出すととんでもないことになる」
その時私が感じたことです。
秋におこなわれるオールブラックスとの戦いぶりが気になります。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

練習試合 vs 帝京大学 

ここまで差をつけられてしまったか・・・
しかもBチームまで。

明治A 12-53 帝京A
明治B 26-64 帝京B

だが今の明治の強さがどの程度か分かって良かったのではないでしょうか。
何が良くて、何が悪いのか。
何が足りて、何が不足しているのか。
この試合から得たものは大きいはずです。

まだ夏前である。
この敗戦をバネに今一段と強い明治へと鍛え直していく大きなキッカケになったはずです。
新たな意識に目覚めさせてくれた帝京大学に感謝し、
シーズン本番では泡を吹かせてやろうじゃありませんか。

打倒帝京!
勝ち取るぞ、大学選手権優勝!

明治GO! 前へGO!

category: 明治大学ラグビー部

TB: 0    CM: 0   

明治 春季大会グループB で 優勝! 

関東大学ラグビー春季大会で明治が東海に35-17で快勝しました。
前半は14-0と完封、後半は21-17の接戦でしたが、後半も前半以上の得点をあげ
攻撃力を失速させることなく勝利をものにし、この結果グループBで全勝(5勝)し
勝ち点30をあげて、見事に優勝を決めました。

ヨッシャー!!
やっぱり明治が勝つことが何よりの喜びです。


特に同じ対抗戦グループであり昨季の大学選手権ベスト4の筑波戦(33-21)と
大学選手権では接戦を演じているリーグ戦グループの東海大戦(35-17)、そして
法政戦(57-33)に勝利したのは嬉しかったですし、選手たちにとっても喜びが大きかったのではないでしょうか。

5試合での総得点は265点(1試合平均53点)、総失点は88点(1試合平均17.6点)となっており、
1試合残す筑波(152得点、75失点)と東海(171得点、90失点)と比較しても得点力の高さが光っています。
丹羽監督が目指している得点力アップが実りつつあるということでしょう。
欲を言えば失点を1試合平均15点未満に抑えられたらと個人的には思いますが。

この結果に満足せずさらなる飛躍を目指して精進して欲しいと願っています。
6月15日は、帝京大との練習試合がありますが、
この試合でどんな戦いぶりを見せてくれるのか、非常に重要な一戦です。

頼むぞ明治!

明大スポーツ新聞
http://www.meispo.net/news.php?news_id=7485

category: 明治大学ラグビー部

TB: 0    CM: 0   

リポビタンDチャレンジカップ2014 日本代表 vs サモア 

ワールドカップ出場を決めた日本代表の現在の力を知る
絶好の試合だと思っていましたが、
サモアも主力を欠くメンバーだったようです。

それでも負けるよりは勝つ方が良いに決まっていますし、
課題も含めて試合を通していろいろと得ることもあるでしょう。

来年W杯本番で戦う時はお互いに進化していることだと思いますので
今回の結果はあくまでも参考程度ということでしょうか・・・。
入場者数も何人だったのでしょうか?

それにしても松島幸太郎、豪快なハンドオフ、そして鮮やかなステップでした。
今後に期待しています。

日本代表 33-14 サモア

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード