FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

雑感 

4月は仕事が多忙を理由に記事をあまり書きませんでした(反省)。

その間ラグビー界でもいろいろなニュースがありましたが、嬉しいニュースとしては、
U20日本代表が「IRB ジュニア ワールド ラグビー トロフィー(JWRT)2014」決勝で
U20トンガ代表を破って初優勝を遂げ、
20歳以下代表の最高峰大会JWC(ジュニア ワールド チャンピオンシップ)への昇格を決めたことでしょう。
しかも明治の成田秀平と桶谷宗汰が勝利に貢献したようで嬉しい限りです。

また関東大学春季大会も始まりましたが、帝京が圧倒的な強さで開幕2連勝を飾ったようです。
今シーズンも盤石との評価のようですね。

そんな帝京を倒すべく今シーズンの驚異的な飛躍を期待したい明治ですが、
報徳学園出身の大物ルーキー梶村佑介が、
3月オーストラリアで開催されたパシフィック・ラグビーカップに参戦中、
左肩を脱臼し途中離脱と手術を余儀なくされ、現在リハビリ中だそうです。
メイジ復活の一躍を担ってもらいたく期待していただけに至極残念です。
早い復活を祈っています。

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

聖地の遺産を全国へ・・・ 

先日新聞紙面で「7月から解体工事が始まる国立競技場のスタンドの座席が、
東日本大震災の復興支援の一環として岩手県北上市の陸上競技場に寄贈される見通しになった」
という記事を読みました。
グラウンドの芝も希望する学校などへの配布が検討されているそうです。
また国立競技場のシンボルでもある聖火台。
埼玉県川口市の鋳物職人の手で造られたものですが、新国立競技場が完成する2019年まで、
その聖火台を川口市や東日本大震災の被災地石巻市などに貸し出すことも検討しているとのこと。
私が提案した企画よりも、そのものズバリの「フォーエバー KOKURITSU」ですよね。
歴史保存や資源の有効活用という点からも良いアイデアだと思いますが、
一番の目的は恐らく人々の記憶に残すことだろうと、
だから「遺産」という言葉を使っているのだと想像します。

それにしても1964東京オリンピックはおろか解体前の現国立競技場さえも見たことも無い世代の人々が
この先それらの遺産に触れた時、実際どのように感じるのでしょうか?
現在(いま)はかつての東京オリンピックや現国立競技場と何らかの接点や思い出を持った人たちが、
解体される競技場に関心を持ち、スタジアムツアーや最後のイベントに参加し、
そこで自分の想いを重ね合わせることで、懐かしんだり楽しむことができます。
私も国立競技場にほんの少しだけですが思い出があるため楽しめるわけですが、
ちなみに一番気持ちが高揚するのは「東京オリンピック ファンファーレ&マーチ」を聞いた時です。
これを聞くとあの厳粛な雰囲気の開会式の情景が目に浮かんできますし、
小学校の運動会の入場式に東京オリンピックマーチをバックに行進した思い出も甦ってきます。

時間の流れを止めることはできません。
いつかは誰もその時・その瞬間を知らない人たちだけの時代が確実に訪れます。
その時、彼らは「遺産」をどう受け止め、何を感じるのか知る由もありませんし、
「遺産」を遺した人たちが意図した通りの反応を示すかどうか私には判りません。

ただ解説プレート1枚があるだけでなく、
その事実を正確に詳しく補足・伝承していく表現手法なり技術を付加することで、
再び感動を与えて記憶に残すことが有効になることは間違いないでしょう。

どう伝えていくか、それが重要です。

category: 思うこと・感じること

TB: 0    CM: 0   

フォーエバー KOKURITSU 

国立競技場で今年の7月から始まる解体工事を前に、
5月31日『SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE”』と題したイベントが開催され、
ラグビーのレジェンドマッチ「早稲田大学OB×明治大学OB」がおこなわれますが
仕事の忙しさにかまけてチケットを取り損ねてしまいました(泣)。
今まで身近にありながらこれまで特別な感情は抱いていなかったのに、
それが無くなってしまうと分かった途端、急に惜しくなったり、寂しい気持ちになったりするなんて、
なんと身勝手な感情かと少し恥ずかしいですが・・・。

実際のところ私自身の国立競技場に関する思い出といいますと、
1964東京オリンピック開会式、サッカーの神様ペレの引退試合、数度のラグビー早明戦ぐらいしか正直なくて、
東京オリンピックについては実際に競技場へ行っていたのではなくテレビで観ていただけです。
ですから、決して国立競技場に深い愛情が湧くほど通っていた訳ではありません。
それどころか「たったそれだけ?」と言われてしまいそうな程、接点が少ないのです。
にも関わらず、いざその姿が消えてしまうと知った時から、「何とか今のうちに・・・」というような
さもしい(?)根性が沸々と湧きあがってきたのです(笑)。
昨年は5月に商工会議所の見学会、12月は早明戦、今年に入ってからは1月の大学選手権決勝、
3月は日本選手権決勝、4月のスタジアムツアーとさもしい根性を発揮して『国立』へ足を運びました。

しかし実はそれでももの足りず、もっと『国立』と関わりたく、
しかも『国立』をいつまでも人々の心に残すことができるようにと思い立ち、
日本スポーツ振興センター(JSC)さんへAR(拡張現実)を使ったアプリ「フォーエバー KOKURITSU」
という企画を提案しましたが、残念ながら採用には至りませんでした(苦笑)。

5月31日、最後のお別れをすることができないのが残念です。

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード