FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

全国大学ラグビー選手権イメージモデル 山崎紘菜さん 

イメージモデル

本大会でのイメージモデルの起用は初めてのことで、
ラグビー協会が集客のためのひとつとして考えたアイデアのようですが、
実際にラグビーの注目度が上がり観戦者の増加につながればいいですね。

山崎紘菜さんという女優さんは初めて知りました。
キリッとした顔立ちの子ですね。
2011年に第7回「東宝シンデレラ」審査員特別賞を受賞し、
翌年に映画『僕等がいた』(三木孝浩監督、東宝)でスクリーンデビューした、
千葉県出身の19歳の大学1年生とのこと。
どこの大学? 選手権に出場している学校なのでしょうか?
選手達と同世代というのは良いかもしれません。
昨年は明大ラグビー部のイメージモデルだったそうですが、まったく知りませんでした。

山崎紘菜さんは、セカンドステージ、ファイナルステージの全日程で試合会場に来場する予定で、
セカンドステージでは秩父宮ラグビー場で場内向けの勝利チームインタビューを担当するそうですが、
確かに昨日は秩父宮で勝利した明治の小澤和人選手に勝利インタビューをしていました。
彼女がインタビュアーだと発表する場内アナウンスがあった瞬間、
スタンドにいた明大ラグビー部の学生たちからはやんやの喝采が。
さらにインタビューを受ける小澤和人選手のデレデレした表情が大型ビジョンに映し出されると爆笑の渦でした。

もしかすると彼女から勝利インタビューを受けることが、
選手たちのモチベーションになっていたりして・・・(笑)
まさかそんなことは無いでしょうが、それが勝利につながるのであれば、それはそれでOKですよ(笑)

イメージモデル明治版

彼女の画像のダウンロードは以下のサイトからおこなえます
http://www.rugby-japan.jp/UnivRugby/download.html

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード