FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

日本には我慢強さ必要 

今日(6月4日)の読売新聞夕刊に、元ウェールズ代表のWTBシェーン・ウィリアムズ(三菱重工相模原)が
日本VSウェールズ戦について語っている記事を見つけました。
『日本には我慢強さ必要』という見出しです。

読売新聞

―ウェールズ強さの秘密は
「ベテランと若い才能がうまく融合していて、最近では最高の状態だ。
 素晴らしい攻撃ラグビーも披露できるし、防御でも近年の欧州ではナンバーワン」

―主力が参加できないが、今回の遠征メンバーをどう思うか
「若く成長しているメンバー。経験は不足しいるかもしれないが、肉体的には強く結束も固い」

―日本が勝つためには
「我慢強さが必要だ。球の争奪戦などで我慢ができずペナルティーを与えれば、
 ウェールズはそのチャンスをものにする。防御でも体力が必要だ」

―試合のポイントは
「体力とスピードが大きな要素を占めるに違いない」

記事では「体力」と表記されていましたが、持久力を示す体力もあるでしょうが、
やはり肉体的な身体の強さのことを指しているのではないかと思います。
そこはPNCを観ていて不安に感じたところなので、そうなるとかなり不利な気がします。
スピードにしてもジャパンが特別速い(or早い)かといったら、
決してそうでもないので一体どこに勝利の芽を見つければよいのか分かりません。

この前、ジャパンはもっとコンタクトを避けてボールを変幻自在に動かしていくなかで
スペースを突けなどと勝手な意見を述べましたが、攻撃のことしか考えていませんでした。
コンタクト無しの防御などありませんから、シェーン・ウィリアムズの言う通り
防御でも体力が必要ですよね。

これは本当に厳しい戦いになりそうです。

category: 一般

TB: 0    CM: 0   

体感展示が実現! 

熊谷市のSさんとの出会いが、どうして体感展示の実現へとつながったのか
ご説明したいと思います。はっきりとした記憶は残っていないので、
若干事実と異なる部分があるかもしれませんがご勘弁下さい。

シンポジウム(ラグビートークセッション)が終わったのち、
私はSさんにお会いしに再び熊谷まで出かけていきました。
いろいろな話の中で、私がラグビーミュージアムをつくりたいことや
真田町に提案したことなどをお話ししたところ興味を持っていただきました。
そしてその翌年、平成10(1998)年は埼玉県ラグビー協会の創立50周年の年で、
協会では記念事業のひとつとして試合前やハーフタイムの時に
グラウンドでおこなうイベントを検討していました。
それを聞いたSさんが、私が真田町に提案した体感展示のことを覚えていてくれて、
協会の方にお話ししたのがきっかけでした。

協会との打合を経て、新たなアイデアも付加して10種類のアトラクションを提案しました。
結果予算に収まるなかで4つのものが採択され、
5月31日熊谷ラグビー場で開かれた第7回ラグビーフェスティバル・イン熊谷において披露されました。
この時、招待試合で来ていたサントリーの永友選手(現キャノンイーグルス監督)も体験してくれました。

4つの中で一番人気だったのが、「ハードタックラー」でした。
これは鉄骨とガスダンパーに支えられたタックルバッグにタックルすると、
圧力センサーで計測した数値がデジタル表示器に表されるもので、
誰もが自分のタックルの強さを確かめたくて夢中でやっていました。
ただ製作の際にタックルの強度を中学生レベルまでとして設計していたので、
協会が夏に菅平に持っていき高校生にやらせた時には、さすがに壊れてしまったそうです(笑)。

category: ラグビー体感器具

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード