FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

全国大学ラグビー選手権 天理 vs. 流道経済 

関西王者天理が流経大を粉砕した。

それでも前半は、二転三転する見応えのあるシーソーゲームで
流経大が4点リードして終えた。
正直ここまで接戦になるとは思っていなかったので
後半戦を楽しみにしていた。

しかし、後半10分以降は流経大の攻撃に順応してきた天理が圧倒する。
しつこいディフェンスに加え、持ち前のアタッキングラグビー全開で
5トライ(後半全部では6トライ)を立て続けにあげ
終わってみれば30点差をつけてのイケイケ勝利。

前半の流経大のアタックは、とても素晴らしかった。
だが注目していたイノケ・ブルアはトライこそ1本取ったが
彼本来の見せ場はほとんど無かったというか
させて貰えなかったとも言えるかもしれない。

対する天理のシオサイア・フィフィタが凄かった。
要注目のプレーヤーである。

天理は侮れないチームだ。
次に当たる早稲田に夏合宿では負けたそうだが
その時の結果はまったくあてにならないであろう。

絶対に見逃せない一戦だ。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 筑波 vs. 東海 

東海大の厳しいディフェンスの前に
さすがの筑波もいつものような継続アタックができず
まさかのノートライに終わってしまった。

ノートライはもちろんだが
ここまでの差がつくとは思わなかった。
10~14点差の勝負かなと・・・

筑波らしからぬミスもあったが
決して筑波の調子が悪かったという訳ではなく
東海大のプレッシャーが上回っていたということだろう。

東海のドライビングモールはやっぱり凄かった。
あの攻撃を止めるのはちょっと難しいかもしれない。
明治、危うし。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 早稲田 vs. 日大 

フォワード戦では勝った日大だったが
早稲田に総合力で負けてしまった。

早稲田には圧倒的な強さを感じないが
相手の隙を見逃さず抜け目ないといった試合巧者ぶりで
終わってみると結局早稲田が勝利をものにしているイメージがある。

もちろんバックス陣にはタレントが揃っているので点を取る力は高い。
<それにしても河瀬君よ、なんで父親の跡を継いで明治に来なかったの((笑)>

ただそれも相手のディフェンス力次第なので
準決勝の天理は手強い相手となるであろう。

齋藤・岸岡 両選手のプレーにも注目したい。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 京産大 vs 日大 

大西監督のラストシーズンとなった京産大。
大西監督の花道を優勝で飾りたかった選手たちの夢は
日大との一戦で潰えてしまった。

大西監督の最後となる舞台は、
できることなら関東ではなく関西の地にしてあげたかった。
この試合に勝っていれば次の舞台は花園だったので
大西監督へのエールはもっと大きなものになっていたであろう。

試合終了後、、留学生のファカイ・フェインガ選手だったろうか
大西監督への想いから声を上げて泣いていたのが印象的だった。

大西監督、長い間お疲れ様でした。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 筑波 vs 同志社 

やはり筑波のアタックは素晴らしかった。

チームとして意思統一されたような連続攻撃。
ボールを展開し継続していき、しっかりとトライまで持っていく。
ゴールライン前の粘り強いディフェンスも健在だ。

対抗戦では帝京と並んで3位であったが
シーズンが深まるにつけてチーム力を確実にアップさせている。

次戦はリーグ戦1位の東海大が相手だ。
強力なフォーワード陣、特にモール攻撃は迫力がある。
バックスもアタック力がある。

東海大がやや優勢と思うが、上昇機運の筑波の戦いぶりに期待したい。、

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード