FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

大学選手権 筑波 vs. 天理 

あっぱれ筑波。

対抗戦では5位と冴えなかった筑波が爆発した。
フィジカルではその強さで天理を苦しめ、
スピードとつなぎのプレーで8トライの猛攻。
筑波らしさが存分に発揮された試合だった。

この試合も接戦になるかと思っていたが
筑波の見事な勝利劇だった。

この調子でいけば東海戦もいけるのでは?

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

大学選手権 慶應 vs. 流通経済 

接戦の面白い試合になると予想していたが
大人のラグビーをした慶應の勝利だった。

対抗戦からレベルアップした慶應。
身体は熱く戦いながらも頭は冷静。
まさにクールな戦いぶりだった。

次の相手京産は脅威だ。
私の予想では京産有利だが
今度はどんな戦いぶりを見せてくれるのか楽しみにしている。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

大学選手権 早稲田 vs. 東洋 

前半を終えて、7 - 12 と5点差ビハインドの早稲田だったが
案の定後半に20点差をつけて逆転勝利。

馴染みのない相手とのゲームで早稲田がよくみせる逆転劇だと感じた。
古い話で恐縮だが、かつて大学選手権準決勝で関東学院と戦った試合は
前半終了時点で確か20点近く差をつけられており
流石の早稲田もこれは危ないぞと危機感を持って見ていたが
やはり後半に地力を発揮して見事な逆転劇を演じたことがあった。

また、まだ対抗戦とリーグ戦で交流試合があった時代にも記憶がある。
相手は覚えていないが早稲田が負けているなか
後半に増保の活躍で逆転勝利した試合だ。

こういうのは早稲田の伝統なのかな(笑)
なのでわずか5点差だったので、心配することなく見ていられた試合だった。

これで次は明治との再戦である。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

大学選手権 帝京 vs. 京産 

素晴らしいゲームだった!

京産大の迫力と闘志に溢れたプレーは想像以上のものだった。
スピード、強さ、突破力、継続(サポート)どれもが素晴らしく
まるで火の玉攻撃をみているようだった。
アタック時の前へ出る勢いが恐ろしいくらい凄い。
そんな京産大に拍手を送りたい。

天理大が全国制覇した時にも同じことを書いたが、
こういうラグビーこそが北島忠治監督が掲げた「前へ!」のラグビーじゃないのか。
明治がやるべきスタイルがここにあるような気がしてならない。
今の明治のアタックには、こんな凄さも怖さも感じられない。
もし明治の準決勝の相手が東海大ではなく京産大だったら
明治は負けていただろう。

そんな京産に前半をリードされた帝京だが
後半は盛り返し、残り時間8分で同点に追いつく。
そして残り時間2分には連続攻撃からしっかりとトライまで結び付けゴールも決まり
7点差で振り切った。
ここが帝京の強さ、底力だろう。

明治との決勝。
対抗戦では14 - 7 で帝京が勝利。
しかし、あの時以上に力の差が広がっている気がする。
帝京は京産との戦いで大きな経験を得た。
明治にとってはとても手強い。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

帝京強し! 

帝京が素晴らしい。
攻守ともに隙が無い。

どうして明治はこういうラグビーができないのだろう。
素人の私には分かりません。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード