FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

全国大学ラグビー選手権 京産大 vs 日大 

大西監督のラストシーズンとなった京産大。
大西監督の花道を優勝で飾りたかった選手たちの夢は
日大との一戦で潰えてしまった。

大西監督の最後となる舞台は、
できることなら関東ではなく関西の地にしてあげたかった。
この試合に勝っていれば次の舞台は花園だったので
大西監督へのエールはもっと大きなものになっていたであろう。

試合終了後、、留学生のファカイ・フェインガ選手だったろうか
大西監督への想いから声を上げて泣いていたのが印象的だった。

大西監督、長い間お疲れ様でした。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 筑波 vs 同志社 

やはり筑波のアタックは素晴らしかった。

チームとして意思統一されたような連続攻撃。
ボールを展開し継続していき、しっかりとトライまで持っていく。
ゴールライン前の粘り強いディフェンスも健在だ。

対抗戦では帝京と並んで3位であったが
シーズンが深まるにつけてチーム力を確実にアップさせている。

次戦はリーグ戦1位の東海大が相手だ。
強力なフォーワード陣、特にモール攻撃は迫力がある。
バックスもアタック力がある。

東海大がやや優勢と思うが、上昇機運の筑波の戦いぶりに期待したい。、

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

全国大学ラグビー選手権 流通経済 vs 帝京 

ヤッタぜー!

試合終了後、思わず快哉を叫ぶ。
よくぞ勝ってくれた。

帝京には初勝利とか・・・
選手、チーム関係者たちの喜びは私の比ではないだろう。

それにしても面白い試合だった。
開始直後に先制したのは流経。
立て続けに2トライを挙げ、上々のスタート。
しかし徐々に帝京が盛り返してきたので、
やはりこのまま差をつけられてしまうのかとやや諦めモードで見ていたが
後半も流経が先制パンチをかましリードを保つと
俄然おもしろくなってきた。

一時は再び帝京に逆転されるが
ボールをひたすらつなぐ素晴らしい攻撃で後半30分過ぎに再逆転。

残り10分となったところからは、
フォワードでボールをキープする守りに入った。
あと10分もあるのにキープし続けられるのか心配になったが、
ボールも落とさず帝京に絡まれることもなくなんとか逃げ切った。

流経の攻撃はどの選手も素晴らしかったが
特に注目すべきはフィジーの留学生でバックスのイノケ・ブルアだ。
彼のステップワークとタックルをすり抜けるような走りが見事だった。
今日の天理との一戦でもどんなプレーが飛び出すのか楽しみである。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 早稲田 vs 慶應 

今季の対抗戦は終盤までもつれる試合が多い。

筑波 vs 慶應
帝京 vs 筑波
早稲田 vs 帝京

どれもが面白かったが、果たして早慶戦は?

前半を10 - 10の同点で終えた後
後半は早々に早稲田が7点を追加したが
その後は両チームの一進一退の攻防で白熱化。

7点差を追う慶應がロスタイムで最後のチャンスを得て
一気に攻撃を仕掛ける。
何とかトライまで持ち込み、ゴールも決めて同点にできるか?

またもメイクドラマが起こるかと
固唾を飲んで慶應の攻撃を見ていたが
キャプテン栗原がノックオン。
思わず「あ゛~っ」と叫んでしまった。

ここで試合終了。
メイクドラマならず。


category: 試合

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 筑波 vs 帝京 

11月4日に録画しておいた試合を遡る形で遅ればせながら見たが、
ワールドカップの興奮に匹敵する見応えのある試合だった!

両者譲らず前半を12-12の同点で終え、後半を迎える。
ひと言で言うならば、攻めの帝京、守りの筑波か・・・

しかし先手を取ったのは筑波。
PGで3点を加えた5分後、鮮やかな攻撃でキャプテン杉山がトライ。
ゴールも決まって10点差とする。
その後帝京がトライを決め5点差に詰め寄る。

残り時間約10分ちょっと。
ここからの攻防に目が離せない。
必死に攻め込む帝京に対し、強固なディフェンスで対抗する筑波。
筑波の粘り強い守りが凄い。

80分を迎えるも4分のインジュアリータイムでゲームは続く。
さらにヒートアップする攻防。
W杯決勝の攻防に引けを取らないほどの緊張感。

FWで意地のトライにこだわっていた帝京が最後の最後BKに展開し、
筑波の壁を突き抜けゴールラインを越えた。
しかし、それでもまだ同点。

やや難しい角度からのゴールキック。
緊張もあったろうが見事にポストの間にボール蹴り込み、帝京が激闘を制した。

TV画面の時間表示は88分を示していた。
(公式記録を見ると後半51分⇒91分であった)

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード