FC2ブログ

ラグビーミュージアムをつくろう KAI

ジャパンラグビーのアーカイブとラグビーの魅力を伝えるミュージアムをつくりたい!

関東大学ラグビー 明治 vs 帝京 

40 - 17
勝つには勝ったが・・・

前半は26 - 3 でほぼ文句なし。
あえて言えば武井のトライのシーンで
サポートがついていて欲しかった。
武井の突破と走りが見事でサポートに行く余裕がなかったと言えなくもないが、
そこは完璧を求めて欲しい。

慶應戦でも飯沼だったか忘れてしまったが
ディフェンスラインを突破してあと少しでトライというところで
タックルされたシーンでもサポートが居なかったのが気になった。


後半開始すぐに帝京にトライを取られ
しばらく嫌な流れが続いたが失点を許さず
後半20分過ぎからはまた明治の時間に。
2T2Gで14点を追加したものの、
アタック時にミスもあり取り切れない場面もあった。

そして左サイドを攻撃中、キックパスが相手選手に当たり
そのボールを帝京に拾われて一気にトライまでもっていかれた。

トライされたままノーサイドを迎えるのは気分が良くないと思っていたら
明治に最後のチャンスがきた。
ここでトライを取り返して気持ちよく終わりたかったのだが、
時間の無いなかで絶対決めてやろうかという焦りからだろうか、
ドタバタした感じとやや個人プレー的なアタックだった気がする。

結局トライまで持っていけずノーサイド。

後半のスコアは、14 - 14 の同点。
個人的には不完全燃焼で終わった試合だった。

ミスを減らしプレーの精度と確実性を上げて欲しい。

category: 明治大学ラグビー部

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 早稲田 vs 慶應 

今季の対抗戦は終盤までもつれる試合が多い。

筑波 vs 慶應
帝京 vs 筑波
早稲田 vs 帝京

どれもが面白かったが、果たして早慶戦は?

前半を10 - 10の同点で終えた後
後半は早々に早稲田が7点を追加したが
その後は両チームの一進一退の攻防で白熱化。

7点差を追う慶應がロスタイムで最後のチャンスを得て
一気に攻撃を仕掛ける。
何とかトライまで持ち込み、ゴールも決めて同点にできるか?

またもメイクドラマが起こるかと
固唾を飲んで慶應の攻撃を見ていたが
キャプテン栗原がノックオン。
思わず「あ゛~っ」と叫んでしまった。

ここで試合終了。
メイクドラマならず。


category: 試合

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 筑波 vs 帝京 

11月4日に録画しておいた試合を遡る形で遅ればせながら見たが、
ワールドカップの興奮に匹敵する見応えのある試合だった!

両者譲らず前半を12-12の同点で終え、後半を迎える。
ひと言で言うならば、攻めの帝京、守りの筑波か・・・

しかし先手を取ったのは筑波。
PGで3点を加えた5分後、鮮やかな攻撃でキャプテン杉山がトライ。
ゴールも決まって10点差とする。
その後帝京がトライを決め5点差に詰め寄る。

残り時間約10分ちょっと。
ここからの攻防に目が離せない。
必死に攻め込む帝京に対し、強固なディフェンスで対抗する筑波。
筑波の粘り強い守りが凄い。

80分を迎えるも4分のインジュアリータイムでゲームは続く。
さらにヒートアップする攻防。
W杯決勝の攻防に引けを取らないほどの緊張感。

FWで意地のトライにこだわっていた帝京が最後の最後BKに展開し、
筑波の壁を突き抜けゴールラインを越えた。
しかし、それでもまだ同点。

やや難しい角度からのゴールキック。
緊張もあったろうが見事にポストの間にボール蹴り込み、帝京が激闘を制した。

TV画面の時間表示は88分を示していた。
(公式記録を見ると後半51分⇒91分であった)

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 早稲田 vs 慶應 

早稲田というチームは、本当にドラマを作ってくれるチームだ。
チームに根付くDNAが成せる業なのだろうか。

今季はFW陣のフィジカルもより強くなり力負けしないしBK陣も好調だ。
そこに齋藤と岸岡のコンビが拍車をかける。

次の慶應戦もどんな戦いになるか楽しみだ。

category: 試合

TB: 0    CM: 0   

関東大学ラグビー 明治 vs 慶應 

予想外の圧勝であった。

ディフェンスに関しては試合終了後のインタビューで武井主将が語ったように
ノートライに抑えたのは良かった。
アタックでも、FW、BKの連携も良く
どちらでもトライが取れる理想的な攻撃だった。
サポートも厚くボールをきちんと繋いでいくなど
個人プレーではなくチームとしての攻撃の形ができていたと感じた。

大差の結果は明治の出来が素晴らしかったのか、
はたまた慶應の調子が悪すぎたのか?
私には正解が分からない。

ただふと感じたのは、大差の勝利ではあったものの
圧倒的な力強さというものがなぜか感じられなかったことである。
確かに守備も攻撃もそつがなく、プレーの技術も悪くない。
だけど「凄み」というものが伝わってこないのである。
逆に言えばスマートな戦いぶりだったとも言える。

この先帝京と早稲田を迎え、
更には大学選手権ではリーグ戦や関西の勝者たちと戦わなければならない中
このままではパワー勝負、肉弾戦で力負けする時があるのではないかと不安がよぎる。

先のワールドカップでも王者オールブラックスが
イングランドのFWに圧倒され、
予期せぬ敗戦を喫してしまったかのように。

category: 明治大学ラグビー部

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード